インフルエンサーマーケティングとは?効果や費用を徹底解説

リード獲得

SNSの流行によって、近年急速に導入されているのが「インフルエンサーマーケティング」です。

Instagramなどの、インフルエンサーを活用した広告に興味を持っているマーケティング担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんなインフルエンサーマーケティングのメリットやデメリットから、具体的な施策の進め方まで詳しく解説いたします。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは、SNSで人気のある投稿者(インフルエンサー)に製品やサービスをPRしてもらうマーケティング手法です。

SNSの流行に伴って生み出され、口コミなどの消費者目線を取り入れた手法として注目を集めています。実際に、2025年には国内のインフルエンサーマーケティングの市場規模は1兆1,171億円にもなると予想されています。

出典:サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

インフルエンサーマーケティング費用の相場

インフルエンサーマーケティング費用は、主にフォロワー単価となります。相場としては、1フォロワーに対して2〜5円が一般的です。

料金の幅には、インフルエンサーの影響力が考慮されており、フォロワー数が増えるほど単価は上昇する傾向にあります。例えば、1万人のフォロワーがいるインフルエンサーであれば依頼費用は2円×1万人=2万円、フォロワーが100万人なら依頼費用は5円×100万人=500万のように、インフルエンサーの知名度により単価が変動することがあります。円です。

インフルエンサーマーケティングに活用できる主なプラットフォーム

インフルエンサーマーケティングで利用するプラットフォームはSNSです。特に、以下の3つのプラットフォームが主流となっています。

Instagram(インスタグラム)

2022年現在、最も主流なインフルエンサーマーケティングのプラットフォームがInstagramです。画像投稿プラットフォームとして人気があり、特に20代などの若者に利用されています。

Instagramのインフルエンサー「インスタグラマー」は、美容やファッションなどのジャンルで人気を得ています。

YouTube(ユーチューブ)

ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングが可能なのが、動画投稿プラットフォームのYouTubeです。

ユーザーの年齢層や、インフルエンサーのジャンルの幅が比較的広いことが特徴です。また、製品やサービスのレビューを動画にできるため、訴求力の強いPR効果があります。

Tiktok(ティックトック)

10代〜20代のZ世代を中心に人気を博しているのがTiktokです。誰でも簡単に動画を制作できるのが特徴で、数十秒程度の縦型動画が連続的に再生されます。

オリジナルの楽曲や振り付けがバズれば、一気にトレンドを生み出すことも可能になります。

【5つのメリット】得られる効果を紹介

インフルエンサーマーケティングには、これまでのマーケティング手法とは異なる特徴を持っています。

その違いによってもたらされる5つの効果を、詳しく確認していきましょう。

ブランドや製品の認知度の上昇

インフルエンサーがブランドや製品を紹介することで、高い確率でフォロワーの認知を得られます。

なぜなら、フォロワーはインフルエンサーを信頼しており、紹介されるサービスに対して良いイメージを持たれやすいからです。

ターゲティングしやすい

各インフルエンサーは特定のジャンルに強みがあり、フォロワーの多くもそのジャンルに対して強く興味を持っています。

そのため、マーケティングの対象となるユーザーを決定しやすいのも、インフルエンサーマーケティングの特徴の1つです。

広告感の低いマーケティングができる

インフルエンサーが発信する情報は消費者の目線に立っているため、広告と思わせないような形でのPRも可能です。

一般的な広告には、利用イメージがわきづらかったり、効果を信用してもらえなかったりする欠点があります。しかし、インフルエンサーマーケティングはプロモーションに説得力があります。

口コミやUGCなど情報が拡散されやすい

インフルエンサーが発信すると、フォロワー間で口コミの拡散が起きやすくなります。

さらに、投稿のコメント欄や引用した形での発信など、UGC(ユーザー生成コンテンツ)の作成にもつながりやすいです。

インフルエンサーの投稿だけではなく、副次的に拡散が起こりやすいのも、インフルエンサーマーケティングの効果といえます。

効果の測定がしやすい

SNS上で実施できるインフルエンサーマーケティングは、リーチ数やエンゲージメント数、遷移率などのデータが簡単に取得できます。

そのため、施策の効果を数的に把握しやすく、次回以降の施策改善に繋がるケースも多いです。

【3つのデメリット】失敗しやすい注意点を解説

今回は、特にインフルエンサーマーケティングの失敗に繋がりやすい3つのポイントを確認しましょう。

インフルエンサーの選定や起用が難しい

ユーザーのターゲティングは容易ですが、インフルエンサー自体の選定から起用までは難しいプロセスといえます。

フォロワーの規模や自社の商材にあったインフルエンサーのリストアップには、ある程度の経験が必要です。

また、キャスティングしたいインフルエンサーがいたとしても、良い関係を築かない限り起用や企画の決定は難しいでしょう。

炎上のリスクがある

企画の内容やプロモーションの方法次第では、炎上につながる可能性もあります。

特に、報酬を受け取った広告であることを隠した宣伝活動をする「ステルスマーケティング」には注意が必要です。インフルエンサーとコラボレーションする場合には、必ず広告案件であることを明記した投稿内容にしましょう。

コストが安くない

インフルエンサーマーケティングは、最低でも数万円の費用がかかります。フォロワーの数次第では、より高額な料金が必要です。

マーケティングの予算が少ない場合には、まずフォロワー数の少ないインフルエンサーから施策を打つなど、限られたコストを有効利用できるよう工夫しましょう。

インフルエンサーマーケティングの進め方

インフルエンサーマーケティングの効果を最大化するためには、正しくプロセスを踏んでいく必要があります。

ここからは、インフルエンサーマーケティングを成功させるための4つのステップを解説します。インフルエンサーマーケティングの進め方を理解し、すぐに着手できる状態にしていきましょう。

目的とターゲットの設定

インフルエンサーマーケティングの目的とターゲットを明確にすることで、より効果の高い施策を実施できます。購買フェーズの、どの段階のユーザーに何をしてもらうのかを明確にしましょう。

すると、インフルエンサーのジャンルはもちろんのこと、フォロワー数や企画内容も決定しやすくなります。

例えば、ある程度認知を獲得している商材の購入を促したいのであれば、少数のフォロワーにより強い共感を得ているインフルエンサーに、商品のレビュー・おすすめをしてもらう施策が適切といえるでしょう。

インフルエンサーの起用

目的とターゲットが決定したら、キャスティングするインフルエンサーをリストアップしていきます。リストアップには、有名YouTuberやインフルエンサーが在籍しているUUUMでインフルエンサーを探す方法があります。

直接インフルエンサーに依頼する際は、いきなり出演依頼のメッセージを送るよりも、良好な関係を築くことから始めるとよいでしょう。

効果的な投稿内容の企画・投稿

効果的な企画をするために、インフルエンサーマーケティングの目的を伝えることが重要です。

しかし、自社目線で多くの要求はしすぎず、インフルエンサー側に自由を与えましょう。なぜなら、普段通りの投稿内容でないと、フォロワー側の不信感につながり、投稿の効果が弱まってしまう可能性があるからです。

施策の効果測定

リーチ数やエンゲージメント数など様々なデータを分析し、次の施策の改善につなげましょう。期待以下の結果であれば、企画内容やインフルエンサーの変更を検討すべきかもしれません。

インフルエンサーを活用してマーケティングを成功に導く

インフルエンサーマーケティングは、SNSの急速な拡大により、今後より成長していくマーケティング手法です。より消費者に近い目線で共感を得やすく、ユーザーの行動に繋がりやすい特徴があります。

新規のマーケティング手法を検討中なら、一度インフルエンサーマーケティングに取り組んでみるのもアイデアの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました